僕は小さい頃事故にあった。その頃から僕は、ばぁちゃん子になっていた
ばあちゃんがいった
たぁ坊は白い電話を知ってるかぃ
たぁ坊 「白い電話?黒じゃなくて?」
ばぁちゃん「真っ白で綺麗な電話だよ」
でも 誰でもかけたり話したりできるわけじゃないんだよ
たぁ坊 「白い電話、見たいなぁ」
ばぁちゃん「たぁ坊にも、見えるはずだよ」

たぁ坊 「....?」

その年の夏 僕はいつものように里帰りをした
家族 親戚 集まって、いつものようにお経が聞こえる
かぁちゃんがまた泣いている。
かぁちゃんがおばさんに話をした
「おばぁちゃん耳も聞こえなかったから...」
僕はかぁちゃんにいった
「ばぁちゃんの耳、聞こえるよ、僕といつも話してるもん」
あれ...今度は、かぁちゃんの耳が聞こえないや....
しばらくして電話の音が聞こえた
僕はその時すぐに思った
あっ!白い電話が鳴っている

きっとばぁちゃんからだ
僕は電話にでた
ばぁちゃんがいった
「あんまり 遊びすぎちゃ駄目だよ そろそろ帰っておいで

僕 「うん」

じゃあ、また来年ね かぁちゃん